タクシーカテゴリの記事一覧

タクシーの利用法


海外のタクシーは危険を伴うことあります。
海外のタクシーのシステムと注意点を知って上手に利用
しましょう。

日本と違うのは料金システムです。
メーターに出ている金額だけでは済みません。
荷物をトランクに入れてもらった場合などは、
料金の10%程度のチップを渡しましょう。

そのほか、
 空港乗り入れの特別料金、
 有料道路の通行料、
 深夜や早朝など時間指定のお迎え
        なども追加料金を支払います。


ちなみに、ピッタリ額のお釣りが貰えなかった場合、
チップ代だと思ってあきらめましょう。

タクシーに乗るときの万国共通のマナーとしては、
小銭の用意をすることです。


また、海外でのタクシートラブルをよく耳にしますね。

ヨーロッパや香港などでは「タクシー乗り場」が
決められていて、近くに乗り場がない時はお店やホテルで
呼んでもらえます。

この「乗り場」でない場所から乗れるタクシーは
危険なので絶対に乗らないのが、まず最低限の防御策です。


トラブル対策

☆料金の相場を知っておき事前交渉
  メーターがあり、作動しているかを確認し、
  値段交渉は必ず事前に行います。
  運転手の名前や登録番号、車のナンバーを控えておけば、
  トラブル時は警察に訴えることもできます。


☆事前にルートを確認
  ガイドブックなどで調べて、これから走る道が
  まっすぐか、海沿いの道かといった程度は把握して
  おきます。

  周りの風景をしっかり眺め、街のシンボル的な建物や
  太陽などを目印に方角もチェック。


☆荷物は自分のそばにおく

  何かあればすぐに荷物をつかんで車を降りられるよう、
  荷物はトランクに入れずに自分のそばに。


☆トラブルが発生したら

  料金をふっかけられたり、回り道をされたり…。
  そんな時は目的地に着いてから車から降り、
  大声で抗議し、道行く人にトラブル発生を伝えましょう。

  運転手が変な気を起こしたからといって怒って車を
  降りると、交通機関が他になかったり治安の悪い場所
  だったりするので、かえって危険なのです。
  運転手を怒らせないで、うまくコントロールするのも
  大切です。


プラソン 気になる凸腹を凹ませたい
在宅ワークってどんなの?
快眠は人生の宝物

喜びを持って学び続ける場をご提供